任天堂ってゲームキューブまで正統派ハードだったのにどうしてWiiに路線変更したの?

元スレ

1: 名無しさん必死だな@\(^o^)/

それが全ての失敗のはじまりという気がする

2: 名無しさん必死だな@\(^o^)/

ゲームキューブでPS2に勝てなかったからだろ

3: 名無しさん必死だな@\(^o^)/

PS3を任天堂が出していたらつぶれていた それほどの8年だかずっと大赤字
でもSONYだと莫大な資産、銀行、保険、株、ほかのものから赤字を埋められるし 債権(でいいよね?)募集も出来る
信頼もある。ようするにのりきれるってことだ
内部金は任天堂が持っていても全体のスタミナはありんこと象ぐらいちがうしな
1mm切り傷が任天堂には莫大な出欠でも象であるSONYはきったことすら気づかないだろう

体力勝負を続けていたら絶対にMSとSONYにはかなわなかった。ずっと黒字でもSONYの黒字は4桁にたいし
任天堂は二桁 ぜんぜん利益が違う

馬鹿が任天堂とSONYに同じことを要求するがもともとがおかしいんだよな 同じものを作ってもらってどうする?

4: 名無しさん必死だな@\(^o^)/

SCE が今まで出した損害を任天堂がかぶってもまだ現金は残って借金する必要ないし
SCE が今まで出した利益を全部合わせても、DS当時の1年の利益より少なかったりする

効率悪すぎるわ

5: 名無しさん必死だな@\(^o^)/

そりゃキューブがコケたからでしょ
俺はSFC・PSに次ぐ長時間起動ハードだったけど

7割PSOなんだけど

6: 名無しさん必死だな@\(^o^)/

>>5
俺は9割以上がPSOだわ
なにしろPSOと風タクしかソフト買ってない上に、風タクは序盤で投げた

7: 名無しさん必死だな@\(^o^)/

>>5
pso楽しかったな~
あと、ガチャフォースとウイイレ6FEと蒼炎をよくやってた

8: 名無しさん必死だな@\(^o^)/

GCのコントローラのどこら辺が正統派なんだか

9: 名無しさん必死だな@\(^o^)/

技術がいからヘンテコなギミックに逃げるしかない
って面もあるね

10: 名無しさん必死だな@\(^o^)/

いまのPS4や箱oneって有りものくっつけただけに近いから、技術とか関係ないだろ
単純に販売価格が任天堂の商品としてかけ離れてるだけ

11: 名無しさん必死だな@\(^o^)/

>>1
GCの開始時点から今の路線は決まってたと言ってもいい
・64の時は高性能だったんだが開発システムが良くなかったのと出遅れで上手くいかなかったので
 GCは構造は正当ではあるものの「開発しやすく理系でない人もゲーム開発に入ってこられるハード」を目指していた
・PS1とPS2が売れたことで「本当は性能なんてどうでもいい」ってのが証明されていた
・同じようなハードを出した場合前世代で勝ってるほうが有利に決まってるから、もう全く違う顧客を探すことにした

実際、WiiUも日本国内に関しては正解ではあった、PCゲーが強い海外ではそうもいかなかったが

12: 名無しさん必死だな@\(^o^)/

>>10
ネットワークとかでも差がついてる
他二社はノウハウがあったり他に使いまわせたりできるけど
そういう利用できるものがゲームしかない任天堂には逆立ちしてもかなわない
サービスにしても色んな部署を自社で持つソニーにはかなわない

13: 名無しさん必死だな@\(^o^)/

「Wiiで充分」層が大量に発生した辺り、WiiUも日本での正解ではなかったんじゃねえかなあ
「これ以上の性能なんて見分けつかないだろ」っていう理念理屈が正解に近かったのはそうだろうけど

14: 名無しさん必死だな@\(^o^)/

>>1
https://www.nintendo.co.jp/ir/library/events/071026qa/index.html
A4でいわっちが答えてるよ!

> 私はゲームキューブの世代の機械ができたころに、当然自分はそれ以前の世代とゲームキューブやプレイステーション2の世代の機械の違い、
> 性能差っていうのをものすごくはっきり自覚をしたので、その差を非常に強く感じたのですが、
> そういうことにあまり興味のない人は、プレイステーションや64の世代の表現と、
> ゲームキューブやプレイステーション2の世代の表現の差でさえ自覚されない方がいるという、自分にとって衝撃の事実がありまして。
> (そのとき感じたことは、)「今後はもっとそうなるんだろうな」ということです。
> もっとそうなるなら「違うことに重点を置きませんか。もうこの方法では驚く人の数がどんどん減っていきますから」ということを、
> (Wiiの設計の議論をしていたときに竹田や宮本と)禅問答のようにずっと話していました。

15: 名無しさん必死だな@\(^o^)/

けど絶好調のPS1~PS2と比べてPS3は苦戦してたから
任天堂も性能路線でハード作ってたらGCよりは出世できてたかもね

16: 名無しさん必死だな@\(^o^)/

ゲームキューブはメモカ商法パクった残念仕様
8センチディスクもウンコだし
バイオが二枚組になるほど容量不足

17: 名無しさん必死だな@\(^o^)/

>>15
無理
PS3なみのハードを出すのは任天堂にはリスクが高すぎたし、
wii開発時点で地デジ移行でHDテレビがこんなに早く普及するとか思ってなかった

18: 名無しさん必死だな@\(^o^)/

DSが当たったからじゃね

19: 名無しさん必死だな@\(^o^)/

>>13
消費者にとってはそれで正解なんだと思う
けど開発者、とくに海外の開発者には不正解だった
良くも悪くも客しか見てないから性能を軽く見てしまってたんだろうね
客はそれで正解でもタイトルが多い方を選ぶわけでそのタイトルを作る開発者を無視してはいけなかった

20: 名無しさん必死だな@\(^o^)/

WiiはCPUGPUに関してはGCの速い版でしかない
ATiのGPUがわりとよかった時期でもあるから
多少型落ちでもD4まで出せてsm3.0対応だったら
歴史変わってたかもねぇ
内部解像度をWVGAに落としてゲーム作ったっていいんだし

21: 名無しさん必死だな@\(^o^)/

クラニンもひっそりおわたしな、あれが発展してソニーくらいにはなると
思ってた時期が俺にもあったわ

22: 名無しさん必死だな@\(^o^)/


http://i.imgur.com/yHW2iBy.jpg
これを見れば、あの路線を続けていてもジリ貧だとわかる
一か八かのホームラン狙いしか生き残る術がない

23: 名無しさん必死だな@\(^o^)/

>>22
それ任天堂も勘違いしてそうなんだけどさ
「業界水準(高性能とは言わない)よりも大幅に低いハードがウケた」
わけではなくて
「モーションコントローラを生かした任天堂タイトルがウケた」
なんだよな
モーションコントローラのコンテンツでシーズン前半戦でホームラン連発できた
そこに性能の高低もハードの品質も関係なかったが
操作で遊ばせるゲームなだけに飽きも早く
地力の低さからコンテンツも集まらないという大きな問題もあった

そもそもの勘違いの発端であるPS1とPS2は際立って低性能でもなく
見た目がちょっとショボくなってもちゃんとその時代のゲームが遊べるハードだった
そこらへん、任天堂はどう分析してWii→WiiUなんて作っちゃったんだろう

24: 名無しさん必死だな@\(^o^)/

>>17
アナログ終了のカウントダウンやってた頃は
テレビなんて買い替えねえよって空気が多数派だったし、
アナログで地デジが見れるチューナーなんてのが配られるほどだったのに
一気にHDテレビが普及したんだから任天堂もびっくりだわな。

25: 名無しさん必死だな@\(^o^)/

>>23
それは任天堂の社長もミヤホンもレジーも何度も言ってるでしょ
パッドコントローラーを使った体験が面白いと思った、でも面白さを伝えられなかった

26: 名無しさん必死だな@\(^o^)/

>>23
そもそも「その時代のゲーム」なんて概念が壊れてきた時代、って分析したのが>>14だと思う

27: 名無しさん必死だな@\(^o^)/

>>25
その認識がなんかもう成功体験を追いかけてるだけだなあと
現世代ではそういう面白さは家庭用ゲーム機を買う層はもう求めてないわけよ
「Wiiは途中からゲームが出なくなった」という経験から
操作で遊ばせようとしてるWiiUは購入してもまた遊ぶものがなくなるなと
みんな察してるわけよ
そもそも任天堂が育ててきた強いコンテンツは
そういう一発ネタを必要としていないわけで
変なことをやらせるミニゲームと「いつもの」の発表を見れば
「あ、いいですもう」となるしそうなったわけじゃん

面白さを伝えきれなかったんじゃなくて、
「面白いと思ってるけど別にそうじゃなかった」
の方が実情からすると正解に近い

28: 名無しさん必死だな@\(^o^)/

>>23
どう分析したかじゃなくて
任天堂は他二社の次世代機はまだないと思ってたんじゃないかと

29: 名無しさん必死だな@\(^o^)/

64GCが大コケしてDSWiiがバカ売れしたらそらそっちに舵取るでしょう

30: 名無しさん必死だな@\(^o^)/

>>26
リアルタイムCGの精度や導入技術が高くてもユーザーは意外とわかってくれない
という分析が14で、それはMH3GとP3で後者の方が綺麗だと信じ切ってるゴキが
沢山いるあたりからも正しい分析
概念云々の話じゃないよ

続きを読む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする